目のゴロゴロに効果のある7つのサプリを比較!

目のゴロゴロが辛い!アレルギー性結膜炎の症状・改善方法・治療法

アレルゲン検査
目がゴロゴロする原因の一つにアレルギー性結膜炎があります。これは、どのような症状があり、治療・改善するにはどうすればいいのでしょうか。

 

アレルギー性結膜炎とは

アレルギーとは、花粉やハウスダストなどの本来私たちの体に害がなく、異物として認識しなくてもいいものを体が異物だと誤認し、免疫反応を発動してしまうものです。その免疫反応で目が痒くなったり、鼻水が出たりするのです。この花粉ハウスダストなどをアレルゲンと言います。アレルギー性結膜炎は、アレルゲンが結膜に付着して炎症を起こす病気です。中でも、花粉症など特定の季節にだけ症状が現れるものを季節性アレルギー性結膜炎、一年中症状が現れるものは通年性アレルギー性結膜炎と言います。ひどいものでは、子供がなりやすい春季カタルコンタクトレンズ使用者に多く見られる巨大乳頭結膜炎などがあります。

 

アレルギー性結膜炎の症状

アレルギー性結膜炎では、目がゴロゴロするほかに、目のかゆみや充血、サラサラした水のような目やにが出る、涙が止まらない、まぶたの裏にブツブツのようなものが出来る、といった症状があります。花粉症もアレルギー性結膜炎の一種ですから、その症状を思い浮かべるといいでしょう。

 

アレルギー性結膜炎の治療・改善方法

アレルギー性結膜炎の治療は、基本的には薬物療法になります。この際に使われるのは、抗ヒスタミン薬やケミカルメディエータ遊離抑制薬といった抗アレルギー点眼薬が中心となり、さらに重症になるとステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬を使用することもあります。花粉症などの季節性アレルギー性結膜炎の場合は、症状の出やすい時期の2週間程度前から治療を始める初期療法が効果的です。その時期になったら抗アレルギー点眼薬を使用する事で、ピーク時の症状を軽くすることが出来ます。ステロイド点眼薬免疫抑制点眼薬は即効性がありますが、目への負担も大きいので医師の説明をきちんと聞いて、指示通りに使用するようにしてください。

 

自分でできるアレルギー性結膜炎の対処方法や改善方法

病院にかかる以外で、自分でアレルギー性結膜炎対策が出来る方法をいくつか紹介します。

 

目を冷やす

アレルギー性結膜炎で目がかゆいという時は、目が炎症を起こしているというサインですから、目を冷やす事で一時的ではありますが、かゆみを抑える事が出来ます。
目を閉じて冷たいタオルなどをまぶたの上に乗せ、目を冷やすようにしましょう。
根本的な改善ではありませんが、目をかいて症状を悪化させる事を考えたら、有効な方法だと言えるでしょう。

 

目を洗う

花粉症など、アレルギーの原因が異物の場合は、目に付着したアレルギー物質を洗い流す事で症状を抑える事が出来ます。
ただし、塩素が含まれている水道水で目を洗うことは避けましょう。
その際には、人工涙液などの目薬を使用する方法がおすすめです。
ドライアイの症状もある場合にはさらに有効になります。
ただ、市販の洗眼液などで目を洗い過ぎると、目を保護している必要な成分まで洗い流してしまう事があります。
そのような事を続けていると目のトラブルの原因になってしまいます。
洗眼液を使う時は、多用し過ぎないように注意する必要があります。

 

アレルギー治療薬を服用する

アレルギー性結膜炎の場合、市販のアレルギー治療薬の服用によって対処できることがあります。
アレルギー治療薬を飲んで数時間で症状が改善される事も多いんですが、もしもアレルギー治療薬を飲んでも症状が改善されない場合は、細菌性結膜炎やウイルス性結膜炎を疑ってみた方がいいかもしれません。

 

市販の目薬を使う

アレルギー性結膜炎に有効な市販の目薬もあります。

人工涙液の目薬

まず、人工涙液の目薬です。
市販の目薬の中には、人工涙液を含むものが多くあります。
この人工涙液は、結膜炎の症状を緩和させる事が出来るんです。
結膜炎を原因とする目の乾きを抑えたり、結膜炎の悪化や長期化の原因となる物質を目から洗い流してくれます。

抗ヒスタミン薬入りの目薬

また、アレルギー症状を抑えてくれる抗ヒスタミン薬入りの目薬も市販されています。
これらはアレルギー性結膜炎の改善に有効で、症状を簡単に抑える事が出来るんです。
アレルギー性結膜炎が起こるのは、アレルゲンが侵入する事で免疫反応が起こってしまうからです。
その際、ヒスタミンという物質が放出されます。このヒスタミンという物質は、普段は脂肪細胞内でヘパリンという物質と結合しているため、活性化していないんですが、アレルゲンによって刺激を与えられると途端に活性化し、強いかゆみや目の異物感などを引き起こしてしまいます。
抗ヒスタミン薬入りの目薬は、ヒスタミンの働きを抑えてくれるんです。
これでも良くならない場合は、ステロイド点眼薬を使用するのが一般的です。

 

また、花粉症などの季節性アレルギー性結膜炎の場合は、アレルギーが出現すると予想される2週間ほど前に抗ヒスタミン薬入りの目薬を点眼する事で症状の悪化を抑える事が出来ると言われています。

抗菌目薬

他に、一回使いきりの抗菌目薬もあります。
このような使いきりタイプの目薬は、コンタクトレンズをしている人用のものが多いんですが、結膜炎を悪化させないように防腐剤を使用していないため、いつも清潔に目に負担をかけずに使用できるんです。
アレルギー性結膜炎の早い段階でこのような目薬を使えば、自力で結膜炎を完治させることも可能なんです。

 

コンタクトレンズの使用を避ける

コンタクトレンズは、視力の低い人には欠かせないものですが、これがアレルギー性結膜炎を引き起こす原因にもなってしまいます。ですから、アレルギー性結膜炎になってしまった場合はコンタクトレンズの使用は避けましょう。特に、目を完全に覆ってしまうソフトコンタクトレンズは、汚れが付きやすいので症状を悪化させてしまいかねません。