目のゴロゴロに効果のある7つのサプリを比較!

ごろごろ&目やにやかゆみ痛みの症状は角膜炎の可能性?治療方法は?

目を押さえる女性
角膜炎でも目がゴロゴロしたり、目やにが出たり、かゆみ痛みがあったりという症状が出ることがあります。角膜炎の症状や治療方法についてご説明します。

 

角膜炎とは

角膜とは、俗にいう黒目の前にある透明な膜の事で、この角膜で炎症が起こった状態をまとめてふと角膜炎と言います。白目の部分は強膜と言い、乳白色の硬い膜で前方は角膜とつながっています。この角膜と強膜の病気をすべて角膜炎という人もいます。その中でも、角膜が細菌やカビに感染して炎症を起こす感染性角膜炎は、放置すると失明してしまう危険性もある恐ろしい病気です。感染性角膜炎には、細菌によって起こる細菌性角膜炎、カビによって起こる真菌性角膜炎、ヘルペスウイルスによって起こる角膜ヘルペス、アメーバという微生物によって起こるアカントアメーバ角膜炎などがあります。

 

角膜炎の症状

角膜の炎症の程度が軽い時には症状がない時もありますが、主に目のゴロゴロ感、目を開けることが出来ないほどの痛み充血涙が止まらない目のかゆみ眩しさ視力低下などの症状が出ます。さらにひどくなると、角膜に穴が開いてしまって見えなくなってしまう場合もあります。角膜炎が治った後も角膜に濁りが残ってしまう場合もあり、角膜の中心部分が濁ると視力が戻らなくなることもあります。

 

角膜炎の治療

角膜炎の治療には、原因の菌に対する抗生剤の点眼や眼軟膏を使うのが基本ですが、進行してしまった角膜炎には内服薬点滴による治療が行われる場合もあります。アメーバの感染などは薬が効きにくいため、感染している部分の角膜を削り取る病巣そう爬や抗真菌薬の点滴投与を行う場合もあります。逆さまつげが原因で角膜炎になった場合は、まつ毛を抜いたり、手術したりすることで逆さまつげを治すこともあります。まぶたの欠損などで角膜が乾いてしまう事で角膜炎になることもあります。そんな時は、軟膏を入れて角膜の表面が乾かないようにする治療を行うこともあります。

 

それでは、それぞれの治療方法を詳しく紹介したいと思います。

 

眼科処方の点眼薬を使用する

眼科で角膜炎の原因菌が特定できれば、その原因菌に対する目薬が処方してもらえます。
細菌に対しては抗菌剤や抗生物質、カビの場合は抗真菌剤、ウイルス性の角膜炎の場合は抗ウイルス性の点眼薬、といったように、その原因に対する点眼薬を処方してもらえるんです。
角膜炎の症状が軽ければ、こういった点眼薬のみで完治することも可能です。
治療期間も比較的短期間で済みますから、角膜炎になったら早めに眼科で診察を受ける事が大切なんです。

 

内服薬や点滴を行う場合もある

角膜炎の原因や症状次第では、抗生物質などの内服薬を用いたり、点滴を行ったりする場合があります。
特に、アカントアメーバ角膜炎という病気になると、アメーバの除去を行って抗真菌剤を使用するんですが、アカントアメーバ角膜炎という病気は非常に治りにくく、症状がひどくなると入院して点滴治療が行われる場合もあるんです。

 

アカントアメーバ角膜炎は、アカントアメーバという微生物に感染する事によって起こる角膜炎の事ですが、その感染者のおよそ9割がソフトコンタクトレンズの使用者だそうです。
洗面所に生息しているアカントアメーバが、コンタクトレンズに付着して感染してしまうからです。

 

最近ではコンタクトレンズが広く普及していますから、アカントアメーバ角膜炎の患者は増加傾向にあります。
細菌性角膜炎に似た症状と共に激しい目の痛みを感じます。
最悪の場合は失明に至る事もありますから、早めに眼科を受診する事が大切です。

 

また、アカントアメーバがコンタクトレンズに付着しても、正しい方法で洗浄を行っていれば感染の危険性は低くなりますから、予防のためにはコンタクトレンズを清潔に保つ事が最も有効です。
アカントアメーバ角膜炎の特効薬というものは開発されていませんから、予防が大切なんです。

 

抗ウイルス眼軟膏の併用

ヘルペス性角膜炎のようなウイルス性の角膜炎に対しては、抗ウイルス眼軟膏が使用される事もあります。
これは、抗菌の点眼薬と併用される事が一般的です。
ただし、抗ウイルス眼軟膏は最長でも3週間の使用に留める事が原則となっています。
これを使用する時は、眼科医の処方や指導に従って使用する事が絶対的に必要です。
眼軟膏は下まぶたをひっくり返してそこに軟膏を乗せ、目を閉じるという方法で使用しますが、なかなかうまく使えない人も多いようです。
目の中に軟膏が入っても大丈夫ですから安心なんですが、やはり恐怖心が捨てきれないんでしょう。
ガラス棒を使って入れる方法もあり、看護師がその方法を教えてくれます。

 

角膜の切除や移植もあり得る

角膜炎の病巣が深かったり、治りがよくなかったりする場合は角膜切除や移植を行う事もあり得ます。
カビなどによる真菌性角膜炎の症状が酷くてなかなか治らない場合や、アカントアメーバ角膜炎で角膜へのアメーバ感染が起きて病巣が深い場合は、病原体を除去するために角膜の表層部分を切除する事があるんです。
それでも病巣を取り除く事が出来ない場合は、角膜移植を行う事もあります。
そこまでひどくなる前に、眼科の診察を受けるようにしましょう。

 

市販の目薬が有効な場合もある

角膜保護成分が入った市販の目薬で角膜のダメージを治し、保護して目の炎症を抑える効果がある目薬もあるんです。
角膜の組織代謝を促して修復させるフラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム(活性型ビタミンB2)や、角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどが配合された目薬にその効果が期待されています。
ただし、あまり市販の目薬を過信してはいけません。
初期のうちに使用する事は構いませんが、痛みが引かないようなら眼科を受診するようにしてください。