目のゴロゴロに効果のある7つのサプリを比較!

花粉症で目がごろごろする時自分で出来る対処方法&病院の治療方法

花粉症は、植物の花粉が目や鼻などの粘膜に付着する事で起こるアレルギー症状です。
花粉症にかかる人はどんどん増えており、日本人の国民病とも言えるものになっています。
花粉症で目がゴロゴロする時は、どのような対処をすればいいのでしょうか。

 

花粉症の季節ごとの種類

花粉症になるのは、春だけだと思っている人も多いでしょう。
実際、スギ花粉が飛び始める春には、大勢の人が花粉症に悩まされます。
けれど、他の季節でも花粉症は起ります。
例えば、夏にはイネ科のカモガヤやハルガヤ、キク科のブタクサやヨモギなどが花粉を飛ばします。
秋にはキク科の雑草が花粉を飛ばします。
また、春の花粉もスギだけではなく、ヒノキやオオバヤシャブシ、コナラ、リンゴなども花粉を飛ばすんです。
花粉症のアレルゲンは人によって違いますから、夏や秋に花粉症を発症する人も少なからずいらっしゃいます。

 

花粉症で目がごろごろする原因

花粉症になると、目がごろごろしたり、かゆくなったり、充血したり、涙が出たりします。
これらの不快な症状は、花粉症の典型的な症状です。
花粉症の人の目にアレルゲンの花粉が入ると、目の粘膜の中にある肥満細胞というものに花粉が取り付きます。
肥満細胞という名前ではありますが、体の肥満とは関係がなく、細胞が膨れた様子が肥満を連想させるからその名前が付けられただけで、生体防御機能に重要な役割を担っているものなんです。
これに花粉がつくと、免疫反応によってヒスタミンなどの刺激物質を放出します。
それらが神経や血管に刺激を与えるので、目がごろごろしたように感じるんです。
異物が入った訳でもないのに目がごろごろするのは、このためです。

 

自分で出来る対処方法

花粉症で目がごろごろする時の対処法として、まず目を洗う事が考えられます。
目についた花粉などを洗い流すことで、目のゴロゴロを抑える事が出来るんです。
ただ、目はいつも涙で覆われていて、それが目を守ってくれています。
涙と違う成分の水道水などで目を洗うと、目の細胞を傷つけてしまいますし、目に必要な涙まで洗い流してしまいます。
目を洗う時は、市販の人口涙液などを使用するようにしましょう。
目がごろごろするからといって、目をかいてしまうのはよくありません。
冷たいタオルを目に乗せて冷やすと、症状が治まると言われています。
また、コンタクトレンズを使用していると、涙が花粉をうまく洗い流す事が出来なくなります。
花粉から目を守る事も出来ますから、花粉症の時は眼鏡を使用した方がいいでしょう。

 

病院での治療方法は?

花粉症は、病院で治療することが可能です。
しかも、花粉症を完治させる事が出来るんです。
その治療法は、免疫療法と呼ばれるものです。
免疫療法は、アレルゲンを何回かに分けて注射などによって少しずつ体内に吸収させる治療法で、それによってアレルギー反応を弱めていく事が出来ます。
体内に抗体を作る事で完治させます。
その他にも、完治しないまでも症状を抑える対症療法として内服薬や点眼薬を使う治療方法が一般的ですね。

 

目薬に副作用はある?

花粉症に苦しんでいる人の中には、目薬が手放せないという人もおられるでしょう。
ですが、花粉症用の市販の目薬には副作用が出る場合があるんです。
副作用には、目の違和感やまぶたの腫れ、目の充血の悪化といった軽いものから、頭痛や吐き気といった重度のものまでがあります。
頭痛や吐き気などは目薬とは関係ないように思うかもしれませんが、点眼後に頻繁に起こるようであれば、目薬の副作用と考えられます。
このような症状がある場合はすぐに目薬の使用を中止し、病院で診察してもらいましょう。

 

花粉症に効く白井田七茶

花粉症に効果があるお茶としては甜茶などが有名ですが、白井田七茶が特におすすめです。
白井田七茶は茶葉をパウダー状にしてあるので、花粉症に効果的なカテキンなどの成分を丸ごと吸収する事が出来ます。
また、白井田七茶には高麗人参よりも栄養が豊富な田七人参が使われています。
この田七人参もアレルギー改善に効果を発揮してくれますから、白井田七茶は花粉症の人におすすめなんです。

 

>白井田七。茶の詳細はこちら