目のゴロゴロに効果のある7つのサプリを比較!

目がゴロゴロするのはドライアイの可能性?対処法や治療方法?

ひび割れ画像
目がゴロゴロする原因としては、異物が入った場合やアレルギー性結膜炎、涙小管閉塞、鼻涙管閉塞などが考えられますが、ドライアイによっても目のゴロゴロを感じる場合もあります。
それはどのような場合で、どのような対処方法があるのでしょうか。

 

ドライアイとは?

パソコンスマートフォンを長時間使用していたり、コンタクトレンズを常時使用したりしている方は、眼精疲労になる可能性が高まります。
その中でも、目がゴロゴロする感覚があるのがドライアイいという症状です。
ドライアイになると、目の異物感の他に慢性的な目の充血などが起こります。
ドライアイは、通常一分間に15回程度行われているまばたきの回数が3分の1程度になり、目が乾燥して不快感を催すのです。
涙は、角膜の上にある親水性のムチン層と、涙腺から出る水層、外気に触れる油層の三層からなっています。
ムチン層は涙と角膜を結び付け、水層は目に潤いを与え、油層が涙の蒸発を防いでいます
ドライアイになると、こういった働きが損なわれるので角膜がダメージを受けやすくなり、目がゴロゴロする感じを受けるのです。

 

ドライアイの対処法

パソコンやスマートフォンなどに集中すると、人はまばたきの回数が減ってしまいます。
それがドライアイを招くのです。ですから、意識的にまばたきをするようにしましょう。
そして、一定時間目を使ったら休めてあげる事も大切です。
一時間作業をしたら数分間遠くに目を向けるようにしましょう。
目の体操も効果的です。また、加湿器を使うのも効果があります。

 

目薬を使う場合の注意点

目が乾燥しているドライアイには、目薬を差すというのも効果的な対処方法です。
一般的なドライアイの治療法としても、人工涙液による点眼療法が用いられています。

 

ですが、ここで注意してほしいのは、どんな目薬でもいいという訳ではないという事です。

 

通常の点眼液は、容器の中にカビや細菌が繁殖しないように防腐剤が入っているんですが、その防腐剤は瞳の健康にとって良くないものなんです。
特にドライアイに苦しんでいる人の中には、目の表面に傷がついてしまっている人もおられますし、頻繁に点眼する必要があるため、防腐剤の影響は普通の人より受けやすいんです。
ドライアイの方は、防腐剤が入っていない目薬を使用する事が推奨されますが、その場合はカビや細菌が繁殖しやすいため、開封後は長期にわたってその点眼薬を使用する事が出来ません。

 

また、市販の目薬の中には充血を抑える作用があるものがありますが、これは一時的に血管を収縮させて充血を押さえているものであり、充血の原因を取り除くものではありません。
そのため、このような目薬を長期間使用していると、かえって慢性的な充血を引き起こしてしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

ドライアイの治療方法

ドライアイを病院で治療する際はどのような方法がとられるのでしょうか。
いくつか紹介します。

 

涙点プラグ

涙点プラグとは、涙が排出される涙点と呼ばれるところにシリコン製のプラグを挿入して、涙の排出を抑え、涙を保つというものです。
人工涙液の点眼では症状が改善しない場合に行われる治療です。
人工涙液では、本来の涙に含まれる細胞成長因子のたんぱく質やビタミンといった重要な成分を補う事が出来ませんから、涙点プラグを挿入する事でそのような重要な成分を含んだ自分の涙で瞳を潤す事が出来るんです。
そのようなものを挿入するのは大変な手術が必要に思えるかもしれませんが、実際には簡単な処置で行えます。
点眼麻酔をして涙点の大きさを測り、挿入するプラグのサイズを決めたら、後はペンのような道具でワンタッチで挿入可能なんです。
痛みもなく5分ほどで終了します。涙点プラグの費用は、プラグの本数にもよりますが、保険が適用されますから両目で4本のプラグを入れても1万円前後で済む事が多いようです。
涙点プラグを挿入する事による違和感はそれほどないようなんですが、稀にプラグの頭が目の表面に触れて、瞳を傷付けてしまう事があります。
時間が経てば違和感がなくなる場合が多いんですが、改善されない場合は涙点プラグのサイズを変えたり、挿入方法を変えたりして対応します。

 

自己血清点眼

人工涙液には、本来の涙に含まれる重要な成分が欠けています。
そこで、人工涙液や涙点プラグで改善しないドライアイには、自己の血清成分を点眼液とする自己血清点眼療法というものが行われています。
新しい研究によって、血液の血清成分は涙の成分と似ている事が分かってきたため、それを点眼薬として使用するという方法が重度のドライアイ患者に対しては行われているんです。

 

眼軟膏

ドライアイの人の中には、朝起きた時に目が乾いていて開けられないという症状の人もいます。
そのような人に有効なのが、夜寝ている間に付ける防腐剤を使っていない眼軟膏です。
これを使用する事で、朝、目が開けられないという症状が改善できます。

 

屈折矯正手術(レーシック)

ドライアイの症状がひどくなると、コンタクトレンズを装用できなくなる場合もあります。
これをコンタクトレンズ不耐症というんですが、強度の近視の人や度数に左右の差がある場合、また、職業上の理由でコンタクトレンズをどうしても使用せざるを得ない人の場合などは、レーシック手術によって視力を高めるという事を行っているところもあります。
コンタクトレンズを使用しなくなる事によってドライアイの症状が緩和される場合もあるんです。